スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年03月06日 20:00

夢って「おお!この夢すげぇネタだ!ブログに書こう!」と思っていても起きると忘れてしまいますよね?(誰かに同意を求めてる).にも関わらず,あまりにもリアルで奇妙な夢だったのでしっかり覚えているゴラヲでございます.

作りじゃないんですよ.本当にこういう夢を見たんですよ(笑)

時代は江戸末期.なぜかわからないけどゴラヲは坂本龍馬…いやいや,ここで突っ込むのはやめて.先は長いから(笑)

いま考えてみると,毎晩かかさず鬼平犯科帳を見ているからだと思うのですが,周囲がやたらとリアルな江戸時代…は見たことないから本当かどうかはわかりませんので「リアルな太秦」ということで.なんで坂本龍馬なのか?ってのは理解不能ですが(好きじゃない.結局は大河も一度も見てない),夢なんてそんなもんでしょう.

場面は,奥行きがどのぐらいあるかわからないぐらい巨大な家から引っ越そうとしている最中.

あれ?坂本龍馬の実家ってすげぇ貧乏じゃないっけ?…なんてことを思ってる部分は一部覚醒してたのかもしれません.「悪いな,俺がこんなことしてるから引っ越すことになっちゃって…」なんて言ってるの.ちなみに周囲の人間の顔は全部靄の中.着物で男か女かの判断をしているレベル.

「ねえ,この冷蔵庫はどうする?」

と言われ…待て待て,江戸時代に冷蔵庫はねえだろ!?と思いながら台所(なぜかわかる)に行くと業務用の冷蔵庫が何台も並んでるわけですよ.「とりあえず1台な」とか返事して…同士(なんのだよ)が集まるなら冷蔵庫いるんじゃね?と思い直して「やっぱり置いてって」とか.荷物を大八車に積んでみたり,引越しは進行していきます.

じゃあ新しい家に行くか!って移動を始めるんだけど,舞台はいきなり海岸に.沖にはサスケハナ号がいたり(なんでこの距離でサスケハナだとわかるんだ?とか言っちゃいけない).移動は続き…

ここで目が覚めたわけです.時計を見ると2時半すぎ.
待て待て,なんだこの夢.おもしれぇじゃねえかとすぐさま二度寝(笑)

引越し準備のシーンから再開.このシーンはさっきと同じじゃないか…と若干不満.ちょっと違うのは,家が取り壊されることになってるって進行.土間…周辺の風景はいま考えると熊本城の中だね…に降りて「この土間サイズがあれば犬は何匹飼えるかな…いや,大義の前だ!」とか言ってる.「あの天井から忍者が出てきたんだよなぁ」「大丈夫,いまは赤外線センサーが仕掛けてあるから」「ほほう,それは心強いな」(センサー仕掛けてるからなにがどう心強いのかはさっぱりわからない)などの会話をしていた…

ら,目が覚めちゃった.時計を見ると4時.ああ,あと2時間は寝れるな.またこの夢を…と思ったら見れませんでした.もの凄く残念.引越し先の家見たかった(そこかい).

夢占いなんてものがありますが,占いとか全然信じないゴラヲにいわせりゃ「面白けりゃいいじゃない」ということで.熱がある時に必ず見る「巨大な林檎に押しつぶされる夢」はあまり見たくない夢の筆頭ですが,この手の面白い夢はまたみたいかなと思うゴラヲでした.


スポンサーサイト


コメント

  1. 79 | URL | -

    Re: 夢

    熱があると時に見る夢ってやっぱ固定ですよね。
    自分は何もない空間に球体や立方体など(美術
    でデッサンの練習に使うような立体の置物系)が
    ごろごろ配置してある夢を見てました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事