スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英彦山

2011年01月15日 20:00

雪山?いいっすね~!

と気軽に参加してまいりました雪遊びin英彦山。この時期、JR日田彦山線の彦山駅から登る国道500号線は基本、冬タイヤかチェーンが必要です。英彦山なめてはいけません。


この日、ゴラヲは体調がすぐれなかったのですが、一人と一匹の「行くぜ!」オーラを哀れに思い、ハナルナ邸まで行き『突撃!お宅の警備員』をさせて頂きました。ようするに留守番。で、お世話係不在のゴラ子とニゴラスはハナルナ&ソル山家におんぶにだっこ。ほんっとすみません、重くて。

ここで、ニゴラス先生との違いをみせるために、英彦山についてご説明をば。

まず英彦山神宮は、天照大神の御子、天忍穂耳命(あまのおしほみのみこと)を主神とする、とっても由緒正しい神社だということです。さらに日本三大修験山に数えられるという修験道の山でもある霊山。でもって、元々火山な標高1200mのお山。

中学か高校の時、青年の家で宿泊研修を受けたゴラ子ですから基本知識はありましたが、大好きなしかも重要な標高という情報が欠落しておりました。

だもんで、雪が積もってるっていっても10cmくらいでしょ?いつものアウトドアブーツでいいや。ジーンズの下にはヒートテックレギンス履いてるし。まぁ、ブーツの中に靴用カイロをいれとこう。これで完璧だよね。と出かけました。


結果、ゴラ子完敗ってか秒殺です。英彦山なめててごめんなさい。


青年の家の標高がほぼ800m。ゴラ家の標高25m程。その差775m。単純計算で気温だけでも最低4.6は低い。
その日のゴラ家地方の11時の気温が 1.5℃ ってことは青年の家は -3.1℃ いやいや本当はもっと寒いです。これ計算値だから。英彦山のアメダスは823m地点にあるのですが、現在計測しているのは降水量だけなので、気温がわからない。つまらないけど確認できなくて幸せかも。

20110112-1.jpg
雪に向かってヘッドスライディングした直後

カイロ入れた靴の冷たいこと冷たいこと。カイロなんて役に立ってないし、雪なんて膝まで積もってるし、ニコなんて裸だし。

ソル山さんにレインコート貸してもらわなかったら、ニゴラス先生の黒い体は白い雪玉まみれになってそれはそれでおもしろかったかも…じゃなくて、ビショビショで風邪ひいたかもです。

ただでさえ雪を見るとテンションが上がるニゴラス先生、人間の中で一番好きなハナルナさんはいるし、犬の中で一番好きなソルはいるし、人間の中で一番嫌いなゴラヲはいないしで、オレ様絶好調!楽し~!サイコ~!状態でした。

あ~、溝にはまって腕と鼻先だけしか見えなくなったのはナイショにしておきましょう。

「ニコ~!」と呼んでも振り返るだけですが、「おやつ~!」っていうと誰よりも早く戻ってきてビシッと背筋を伸ばしてお座りをします。ある意味できてる呼び戻し。

「ニゴラス」改め「おやつ」にするぞ?っていうくらいの反応です。

しかし、名前を呼ぶたびに、ビシッとお座りして鼻をテラテラさせて、瞳をキラキラされるのも何だしな。


かく言うゴラ子も何かの線が切れていたのか、何かのネジが緩んでいたのか、はたまた熱暴走していたのかはわかりませんが「走れる!」と思いこみ、見事英彦山の盗塁王になりました。


ニゴラス先生、ゴラ子共に、お世話係がいなかったもんで、周りの皆様にお世話して頂きました。
どうもありがとうございました。次回はちゃんとお世話係を連れて行きますので。

英彦山青年の家、1月5日の積雪量は50cmだったそうで。1月11日は30cmの積雪量だから、あれで雪少なくなってたんですね。ほんと、英彦山なめててごめんなさい。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事