スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

趣味

2010年08月07日 20:00

趣味って,当事者にとっては面白かったり楽しかったりするものばかりでしょうが,興味のない人間から見ると「…は?」でしかないよなぁと思うゴラヲでございます.現在,ゴラヲが

全てがわからん

と思っている趣味が「山(沢)登り」だったりします.
山登りと言っても色々と種類があるのでしょうが,全てがわからん.

子供時代,親に連れられて九州地方の色々な山を登りましたが,この歳になって振り返っても魅力がわからない.
確かに「眼下に広がる雲海」だの「尾根からの絶景」だの…記憶に残っている景色は確かにありますが,それ以上に山に翻弄された記憶のほうが強く残っています.わずか10分で晴天から雷空になり,100メートルもない場所に落雷.周囲に居た人達と,それこそ「死に物狂い」で最寄りの小屋に非難したりだとか,好奇心旺盛であったろう子供時代のゴラヲですら「行きたくない」と思える,崖下からの水汲みだとか.

良い思い出 <<【越えられない壁】<< 悪い思い出

って感じですか.ようするにトラウマか(笑)

キャンプなんてのも毎年夏になると阿蘇だ霧島だ九重だ諫早だ…海だ川だと行っておりましたが,どれも…ねえ…いまのように「車から道具を降ろしたらそこがキャンプ場」なんて便利な時代じゃなく,テント設営地は車から荷物背負って数時間歩いた先,地面の傾斜を確認して石などを取り除き,テントの回りに雨用の溝を掘り,水を確保し,落ち葉を集め…なんてやっておりました.こちらはねぇ…トラウマってわけじゃあないんですが…最近のキャンプ地などを見ますと「そんなん,キャンプじゃねえ!」と思ってしまうんですよねぇ.だからってまたこういうキャンプをやりたいか?と言われると答えは「嫌だ」になるわけで…同じ人工的に整備されてるんなら,ホテルに泊まりたいです.あと,キャンピングカーならこんなんがいいです(笑)

話逸れてますが.

他人に迷惑がかからないのであれば趣味ってのを否定する気はありませんけど,最近のように自分の年齢を考えない連中が無謀な計画で入山してトラブルを起こしている姿はどうかと思います.本人達にも責任はありますが,こういうツアーを計画する会社にだって同じように責任があると思うわけです.美味しいんだろうけどさ,ハイリターンにハイリスクは付き物だと思い知らせたいよなぁと思います.なにも出来ないけど(笑)

ま,他人様に迷惑をかけない趣味を楽しみたいと思います,はい.

…しかし.キャンピングカーっつーか,バスだよな…バスなら有りか?免許は?(おい


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事