スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立体

2010年06月26日 20:00

任天堂DSが3Dになるという話…その名も3DSらしいですが,絶賛販売運動中の3Dテレビは子供…というより幼児に見せちゃ駄目だよって話になってるんですが,このゲーム機は大丈夫なのか?と思うゴラヲでございます.

警告と言ってもパッケージに「○○歳以上」と書かれるだけでしょうが…危険性をきちんと明記しておかないと後々モンスターの餌食になると思います,はい.「視力が落ちる」だけではない.物を見るという能力が完成していない子供時代に…と警鐘を鳴らしている専門医なんかもいるみたいだし.特殊眼鏡無しの裸眼3Dなら大丈夫なのかな?よくわからんですが,普通に考えても目は疲れますからね…それを言いはじめると本だってそうなんですが,適切な場所で読む本の眼精疲労とは全く別物じゃね?と思います.

数年前にパナソニックの裸眼3Dテレビ試作機を見る機会がありましたが,見る場所が固定されてました.固定された場所から見ると確かに3Dなんですが,わずかでも首を振ったり動いたりすると「ただのぼやけた画面」に…裸眼3Dってあの印象が強いんですよね.この業界で数年前なんて「それなんて石器時代?」なんですけど,それ以来裸眼3Dテレビって見てないもので.感覚も知識も止まってます.

実のところ,ゴラヲのゲーマー魂と物欲魔神は全く動いておりません.

地上波テレビのデジタル化同様,3D化することに意味のあるコンテンツが思いつかないので.ホログラフィーみたいな画面で「ほら!3Dだよ!」と言われましても…それでなんのゲームをすれば盛り上がるのか,想像がつきません.見にくいだけじゃね?と思ったり.

プラネタリウムみたいな全方位型スクリーン上に背景が投影され,自分すら透過された状態で立体のキャラが動くゲーム…ここまでいくと「うほ!」と思います.こういうのを待ってます.格安で市販してね,と(笑)

ゴラヲ…それまでは生きてたいなぁ…不老不死が必要かなぁ(笑)


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事