スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイスター

2010年03月10日 20:00

キッシュを作ることにしたものの、今、手もとにはベーコンもパンチェッタもありません。定期購入しているハムが届くまであと数日。しかも、届いてからのお楽しみなので、厚切りやブロックが入っているとは限りません。

そんな時にはちょっとドライブをすれば大丈夫。ゴラゴラズのテリトリーには、ジャンボンヨークというハム工房があります。ここはゴラ家地方でも有数の鹿も猪も当たり前な山の中です。一度、鹿のジャーキーに出会ったので「もしかしてこれは?」と聞くとやはりでした。「地産地消」といいながら即買い、食してみるとあっさりしてて美味しかったです。

都会からそんな山の中に移り住み工房を構えているご主人は、平成19年度に認定された地域特産物マイスター。であることを今回初めて知ったゴラ子でした。

地域特産物マイスターとは、財団法人 日本特産農産物協会が認定するもののようです。

こちらの製品は、ふもとのスーパーや産直にも置いてあるけど、当然限られたものしかありません。今回のような場合は、やはり山の上に行き、厚さを指定してスライスしてもらいます。今回は7mmですが、パストラミは「限界まで薄く」と細かいお願いをしたりします。サンドイッチに使うパストラミは、薄~いのをたくさん挟むのがゴラ子の好みなのです。たまにスペアリブや鴨などは仕込み中でなかったりする事もありますが、それもまたのんびりじっくりの手作りの良さ、あったらラッキーです。

で、目的のベーコンを7mmにスライスしてもらい、他にも色々入手して無事下山。

そのベーコンを使って、「ベーコンとチキン、キノコのキッシュ」を作りました。拍子木に切ったベーコンと、ローズマリーとニンニクでカリっとソテーしたチキン、ホワイトマッシュルームとブラウンマッシュルーム、しめじにグリュイエール、パルミジャーノレッジャーノを使いました。ソル山さんの応援用ということで、できあがりの色が全体に茶色っぽい肉肉脂キッシュです。

肉肉だけでは何なので「エビとアスパラガスとブロッコリーのキッシュ」も作りました。こちらは、塩ゆでしたエビとアスパラ、ブロッコリー。春っぽい色合いであっさり(?)と。

あ~、でも、写真は取り忘れたのでありません(^^;
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事