スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴラゴラクッキング-ソーダブレッドレシピの巻-

2010年02月24日 20:00

ゴラ子の感覚的に割とバランス良くできた分量でレシピです。味覚が若干世の中のストライクゾーンからは外れているゴラ子の感覚と言うことでご容赦ください。

基本、重曹を使うのですが、ゴラ子はまるでコンニャクのような香りが苦手で…
冷えた時、より堅くなりにくいということもあって、ベーキングパウダーを使っています。

ベーキングパウダーのアルミが気になる方は、アルミフリーを選ぶといいですよ。

角切りチーズを入れたり、チョコチップを入れたり色々とアレンジがききます。

下の分量にチョコチップ60gを入れて作ったのがこれです。ゴラヲ仕様なので、かなりチョコチョコです。

P2220089.jpg P2220094.jpg

ソーダブレッド:
薄力粉 100g
ライ麦粉(or全粒粉) 100g
キビ砂糖 10g
塩 少々
ベーキングパウダー 5g

ヨーグルト 100g
水 60cc

  1. オーブンを200℃で余熱します
  2. 分量を量った粉と砂糖と塩とベーキングパウダーをボールに入れて、泡立て器などでよ~く混ぜます。クルミやレーズン、ドライハーブやチーズ等入れたい時は、ここで入れてください。
  3. ヨーグルトと水を良く混ぜます。しっとり好みの方はここにオリーブオイルを入れて乳化させるような感じで良く混ぜてください。
  4. 余熱が終わりそうな頃になったら、2.に 3.を入れ、カード等で捏ねないようにザクっと混ぜ合わせます。一度に入れずに様子を見ながら入れてください。
  5. 大体混ざったらクッキングペーパーの上で形を整えて、好みでクープを入れます。ここで余熱完了だとベストです。
  6. 余熱が完了したオーブンに入れて30分焼きます。途中、焦げそうかな?と思ったら、温度を下げたり、アルミホイルをかぶせたりして30分たったら焼き上がりです。

多少、水分が多くてベチャベチャになっても焼けます!間違って粉と同量の水分を入れて作った事がありますが、出来上がりは問題ありませんでした。何が変わってくるかというと、クラムが薄くなります。

粉と水(牛乳or豆乳)の割合を最大1:1まで大丈夫ですが、5:4くらいがいい感じではないか思います。

PC240024.jpg
で、ニコのクッキーは?

ソーダブレッドは片づけ時間いれても40分だけど、ニコクッキーは2時間かかるんだよね~
だから何?といわれてもね~

気分って大事だしね~

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事