スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴラゴラクッキング-レバーペーストの巻-

2009年12月08日 20:00

最近、ゴラ家では、レバーを購入しても人間の口に入ることが稀になってしまいました。理由はもちろん、

PA050004.jpg

こうなっちゃうからです。

肝大好きなゴラヲのみならず、せめて人並みの体温をと日々精進するゴラ子としても、レバーはビタミンB群や亜鉛・鉄などを含む食品なのでウェ~ルカ~ムなのです。なので、今回は大きなパックのレバーを買って、6:4で人間と犬とに分けました。

犬は永遠のマンネリ、レバークッキーですが、人間も永遠のマンネリ、肝の甘辛煮。ではなく、今回はレバーペースト、こんな感じにしてみました。

PC050011.jpg

今までの経験と、いろんなレシピを読んでアレンジしてみました。
分量は、あるだけ。とか、適当。フィーリング。で全然大丈夫なゴラ子レシピは後ほど。

おまけ(?):最近ラブなレンズ豆で、スペアリブとの煮込みを作ってみました。

PC050018.jpg

美味しそうに写真を撮るというのは大変難易度高い事ですね。というか、盛りつけ、お皿、付け合わせ、全てにおいてセンスが要求される時点で、ゴラ子は、はい残念!ってなっちゃいますが (^^;


レバーペーストの作り方

   鶏のレバー    5個くらい(心臓とセット)
   玉ねぎ     1/4個(みじん切り)
   ニンニク   1片(みじん切り、お好みで増量可)
   クリームチーズ 60g (チーズタルトの残りなので多分それ位、適当OK)
   タラゴン    少々(ドライでOK)
   タイム     少々(ドライでOK)
   ナツメグ    少々
   塩        3g位(味をみながら少なめに)
   白コショウ   適宜
   赤ワイン    50cc位(コニャックとかのが良いらしい)
   牛乳      適当(レバーの臭み抜き用)
   オリーブオイル 適量(出来れば生食用のいいやつ)

  1. レバーを掃除します。心臓と肝を切り離して、一口大程に切り、血や筋や脂をきれいに落として、水の中で洗って水替えて漬けて、を5回位やって、中に入っている血を極力出してしまいます。(臭みが好きな方は洗う回数減してください)

  2. 大体きれいになったものを牛乳に30分程漬けて臭みをとります。(省いても大丈夫)

  3. 沸騰したお湯で2.を茹でます。完全に火を通してください。(蒸すでもいいです)

  4. 細かくみじん切りにした玉ねぎとニンニクをオリーブオイル(こっちは普通の)で炒めて、玉ねぎが透明になったら茹でたレバー、ハーブ、ナツメグを入れて一緒に炒め、赤ワインを入れてアルコールと水分を飛ばし、あら熱がとれる
    まで置いておきます。(レバーは火が通っているので、ハーブ&スパイスと絡ませる程度で大丈夫)

  5. 4.をフードプロセッサに入れて細かくしたら、クリームチーズ、塩、コショウを入れて更にまわします。少し固めだったら、オリーブオイル(こっちいいやつ)を入れて柔らかくします。

少し粒が残るくらいで適当に滑らかになったら出来上がりです。出来上がったら、まずはカリッと焼いたバゲットでどうぞ。

できるだけ空気に触れないよう容器にギッチリ入れて冷蔵庫に入れていれば、多分、2~3日は大丈夫だと思いますが、それぞれの状況と舌とお腹の強靱さによって判断してください。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事