スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拒否

2009年11月13日 20:00

言葉にするのは難しいぐらいのレベルなのですが.
このところ,ニゴラスの動きが変わって来たような気がしているゴラヲです.

ニゴラスを形作る根本的な「ビビリで諦め大王」と「ゴラヲには逆らいません」という部分は変わってないようなので飼育が大変になるとかいう話ではないのですが,なにげない反応などに変化を感じています.「~逆らいません」のあとに(ニヤリ)というのが続いているような気が…するだけかな?

ルールは「いちおう」守るよ?って態度…うーむ.

ルールと言えば.
ニゴラスに対し,ゴラヲが絶対に許さない行為が一つだけあります.

口舐め

ニゴラスは汚いと言ってるわけではありません.お互いが不幸になることをなぜやらせるのか?という疑問を持っているからです.他に賛同者は居ないかなぁと思って検索してみたところ,以下の文章を発見しました.

> (犬に口を舐められるのは)犬にとっても、人間にとっても不衛生です。
> 口の中には様々な雑菌がたくさんいます。それぞれにとっては無害でも、
> それぞれに移った場合は何を引き起こすかもわかりません。
>
> いくらかわいいペットでも、それは避けておいた方が無難です。
>
> 雑菌がいるのは事実で、
> 「愛犬なら」などと感情だけでそれが「衛生的」になるわけではありません。
> 本当に可愛がっている人は、愛犬を危険にさらすようなことはしません。
>
> 自分の赤ん坊のおしめを取り換えるのは何でもありませんが、
> だからと言ってそれを舐めることができるか?
> といえば、それが不衛生ということです。
> 不衛生なものを不衛生と言ってそう取り扱ったところで、
> それで愛情が増減すると思っているのは愚かなことです。
>
> 愛情表現ならば別の方法でいくらでもできることであって、
> 不衛生なものを事実を直視せず、
> 盲目的に自己の宗教とも言える価値観でもって動物に接するのは、
> 動物にとっていい迷惑でしかない滑稽な話です。

素晴らしい.こういうことが言いたいの.
ゴラヲが書くと「人畜共通感染症がどうだの」とか「愛情とはいったいどういう形だ」とか,本が一冊出せそうなぐらい長文になるのね.文才のなさを感じる日々(涙)

もちろん,舐められたら100%問題が起きるわけじゃないでしょう.
ゴラヲだって,過去飼っていた犬には何度舐められたかなんかわかりませんし.目覚めたら犬の股間が顔の上に乗っていたなんてこともありました.それで問題が起きてるか?と言われれば答えはNOです.

が「近所の子供から毒餌を与えられるかもしれない」なんていう理論で「危険だとわかっていてやっている外飼いは虐待」なんて言ってる方には十分すぎる理由じゃないのかな?「犬とキスしたら虐待」って話は.

それとも,それはそれ,これはこれなのかな?だとしたら,随分と自分に都合の良い発想ですねぇ…けっこう楽しいんですよ、妄想戦争(笑)

犬は本能的に口を舐めに来ます.この行為を拒否するとストレスを感じる…と言われますが,人間と暮らしているだけでストレスはあるわけでしょ?屋内飼いのストレス解消の為に散歩してますとか堂々と言われているでしょ?だったら,口舐めを拒否したことによって起きるストレスは別の方法で解消すればいいじゃないの?と思うゴラヲでした.


スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    Re: 拒否

    口舐めなどワンとのコミュニケーションとしては まだまだ あまい!
    泡舐めですな いわゆる変人の領域(変体ではないぞ)ここまで行かな
    詳細については妄想に委ねる

    そういえば バター・・ やめとこ
    詳細はMに委ねる

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事