スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴラァブル昆虫記

2008年10月22日 20:00

夜散歩の途中で,どこからともなく漂う焼き魚の匂いに食欲を刺激される人1犬1コンビ.立ち止まってクンクン…秋刀魚だな,秋刀魚に違いない.カボス搾って…くはー!肉喰いてー!なゴラヲです.

秋刀魚も美味いけど,まだ肉の方が好き.まだ若い.まだ大丈夫.まだいける(呪文)

匂いといえば…一転して悪臭の話.

カメムシ:県南部で大量発生、平年の100倍 異臭に悩むコンビニ店も /三重
県南部でカメムシが大量発生している。ピーク時には、平年の約100倍の数が確認され、コンビニエンスストアなどでは夜間にライトに群がったカメムシの死がいが店頭に散らばり、独特の異臭が発生するなどしており、対策に頭を悩ませている。
県病害虫防除所(松阪市嬉野川北町)によると、大量発生しているのは、果樹の汁を吸うチャバネアオカメムシとツヤアオカメムシ。ミカンやカキの産地の松阪市以南で多く、南部ほど数が多い。


屁コキ虫って呼んでた記憶がある.wikipediaには「九州では「フウ」と呼ぶ」と記されているが…そんな呼びかた,聞いたことがない.九州って括りがでかすぎだ.

そもそも,ゴラヲが大量のカメムシを初めて見たのはこっちに引っ越してきてからだ.去年はゴラ子の畑に大量出没して(プチトマト),えらいめにあった.カメムシを叩き落とすとプチトマトも落ちるという悪循環に全米が泣いた.
今年は少かった.今年はシロアリも少かったし,ムカデもちょっぴりだった.その代わりにダンゴ虫の大量発生をくらったが,こいつらは微妙に益虫(対ニコ)だったので見逃した.あ.そういやゲジゲジもほとんど見てないな.アシダカグモはけっこう見たけど…こいつらは目立つから同一個体かもしれない.

ニコが来てから殺虫剤を撒くことがなくなったので戦々恐々としていたのだが,思っていたよりは少かった.もちろん,目に見えないサイズのものは増えているんだろうが,これはもうこまめに水流したりして掃除するしかないやね.
スポンサーサイト


コメント

  1. ソル山かおる | URL | XVgCdbeE

    「フ」と言っていました。

    我が家では、カメムシの事を「フ」と呼んでいました。
    ちなみに義兄は、茗荷はカメムシの匂いと言って
    毛嫌いしています。美味しいのにねv-10

  2. ゴラ子 | URL | -

    「フ」?

    カメムシと茗荷の匂いは全然違いますよぉ~。
    ゴラ子の茗荷畑はニコに荒らされ、生きているのが
    やっと。来年は頑張れ!

    ところで、何の略なんでしょう「フ」って???

  3. ハナルナ | URL | bBmFigmc

    我が家もフと呼びますよっ
    西南地域の14県でフ、ホウなどと呼び
    カメムシが付くからホウズキなんだって
    詳しく知りたい時はウィキでどうぞ

  4. ゴラ子 | URL | -

    危ない危ない

    カメムシ調べてて、うっかり写真がいっぱいのサイトにいってしまった、うへぇ~、さぶさぶ。

    「フ(ウ)」ってのは九州ではポピュラーな呼び名なんですね。うちでは、子供の頃カメムシの存在を意識した事がなかったので呼び名がわかりません。あの環境でいないはずはないのに…

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事