スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MNP

2013年11月11日 20:00

お財布の中身は有限なのです.

いまのところ,日本の携帯電話会社は「釣った魚には餌はやらん」という方針を貫いておられます.消費者軽視というか愛用者軽視だと思うのですが,別にいいです.

ということで,ソフトバンクからauに乗り換えました.

乗り換えにあたってはドコモも含めて全て2店ずつ巡りました.

料金(安いが偉い)
 au>ドコモ>ソフトバンク

についてはどこの店舗でも同じ回答でしたが,

接客態度
 au>ソフトバンク>ドコモ

説明内容(わかりやすさ)
 au>ソフトバンク=ドコモ

でした.世界で一番愛している姪がドコモなので,これまでのNTT嫌いポリシーを捨てて「ドコモでもいいかも…」と思っていたのですがこれじゃどうにもなりません.これで料金が最安ならまだ考えもするのですが,時限式でしたし(一年後から高くなる).

たぶん,ドコモが一番マニュアル化されているのだと思います.
こちらの希望を伝えても答えが出てくるわけではなく,最初から説明が始まる.
一番フレキシブルに応対してくれるのがau,ちょっとピント外れなのがソフトバンク.

まあ,そのauにしても必要のないサービスに加入しないとダメというシステムだったりするのですが,そこはもう契約さえしてしまえばあとは解約しますし.

2年後にはドコモに行くのか,それともソフトバンクに戻るのか.

そもそも2年後に生きているのかわからないので,どうっちゃいいですけどね.


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事