スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千日戦争

2012年12月04日 20:00

ふとしたことから「酒が料理の味を引き立てるって本当か?」と気になって色々調べた結果,酒造メーカーなどは肯定するが決定的な論証はなし,アルコール依存症やら味覚障害やらを治療する医療団体などは否定するがこちらにも決定的な論証はないという,

ほんとかどうかわからんな

な状態で調べ物が終了したゴラヲでございます.

個人の思い込み意見と違ってどちらも利権がかかってるから凄く真剣なんだけど「これだ!」という話は見つからなかったです.一つ言えることは「アルコールは刺激が強すぎて舌を馬鹿にするってのは本当らしい」ということで.酒=アルコールではないので注意.逮捕=犯罪者ではない並に間違われてるけど.

一番面白かったのがヨーロッパのワイン論争.

ワインが「肉を柔らかくする」という話は化学式まで出して肯定されてるんですが,赤ワインが肉と合うというのは数百年間論争中…こうなるともう遊んでるとしか思えませんがね.ワイン中のタンニンが肉の脂肪分を調和するっていう人もいるし「化学的にない」と言う人もいるが両者共に決定打は持ってない.実際にやってみると「おおう,確かに」になるらしいし.味覚の全てが解明されているわけじゃないから今後も遊び続けるのでしょう(笑)

一方,法廷にまで持ち込まれて決断が下された例も.ワインを飲むと消化が促進される!とワインの組合が言い切ったんですが,今年になってEUの最高裁判所が「ワインにそんな効果ないから.ラベルに「消化を促進(楽に)する」とか貼っちゃ駄目.それは嘘」と判決出しちゃったそうで.そりゃまあねえ,消化酵素なんか入ってないから「酢だよ!酢が消化するんだよ!」ってのは乱暴すぎますわな.

あと,こんなんもあります.



ワインを飲む前にグラスを回す,最適な角度と速度とかを研究してます.
グラスの形状や注がれたワインの量などによって異なる最適回転数を導き出した!そうです.この情熱をもうちょっと違うことに注いだら…と思わなくもないですが,面白い(笑)

日本ももうちょっと日本酒で面白ネタが盛り上がると楽しいのかもなあと思った,一滴も飲まないゴラヲでございました.禁酒するとね,最初は恋しく,次に憎らしくなるわけです.それを通り越すと興味すらなくなり,あってもなくてもどーでもいいよって境地になります.飲んで楽しいのならいいんじゃね?と.タバコとは違うね.


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事