スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改正著作権法

2012年10月03日 20:00

最新技術…CSSなんてのは最新でもなんでもないけど…を知らない政治家連中がロビーストが吹いた笛に乗って踊った結果生まれた法律,それはもう言いたいことは山程ありますが,ネット上で喧々諤々やってる人達を見ていて個人的に思ったことは,

「文化庁と警察は違うんだけどな」

ってことです.

例えば,文化庁は「Youtube等に(違法に)アップロードされている音楽や動画を視聴するだけでも罪になるのか?」という問いに対して「違法ではない」と解釈していますが,実際にこの法を使用する警察(検察)はいまのところ公式発表はしていません.独自の解釈ってのを,まさに勝手にやって見込み捜査とかやっちゃう警察(検察)が使わないという保証はないわけです.さらに,文化庁には「キャッシュされた映像を保存しなければ大丈夫」な解釈ですが「キャッシュする」ってのは保存なわけで.

キャッシュ(cache):使用頻度の高いデータを高速な記憶装置に蓄えておくことにより、いちいち低速な装置から読み出す無駄を省いて高速化すること。また、その際に使われる高速な記憶装置や、複製されたデータそのもののこと。

屁理屈ではなく,使おうと思えば使えるわけです.

なお,非親告化は改正著作権法で議題になっているわけではなくTPP絡みです.色々ゴチャ混ぜになっていてCDのリッピングもダメだとかいうデマが飛び交ってますけど(CCCDは正解だけど),一度自分で検索して調べてみてはどうですかね.個人のブログだのなんだのではなく,ソースを読んでみては?と.

とまあ,どうしようもなく腐った法律ではありますが,実際に作られちゃったんだから愚痴っても仕方ない.本当に危惧するのであれば法律を廃止する方向に動くべきで,やらないんだったらグレーゾーンということを自覚&覚悟するしかない,と.


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事