スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生というか野性というか

2012年05月19日 20:00

新緑の季節になり、この時期の雨は植物にとって生長をもたらす恵みの雨のようです。

もちろん、ゴラ子の可愛いバジルもタイムもセージもワイルドルッコラもブルーベリーもゴーヤもミョウガもシグナル戦隊も。

普通のルッコラは一年草ですが、ワイルドルッコラは多年草、しかも、天道生えします。ガンガン増殖してます。根こそぎ葉っぱをとっても雨が降ったらザクッと新しい葉が生えてます。

ワイルドルッコラの鉢のお隣さん、ブルーベリーの鉢から、ものすごく元気に育った雑草を抜こうと良く見ると、それはそれはワイルドな、名前に違わぬワイルドルッコラがにょきっと(-_-;

ブルーベリーは基本的に、一般的な植物と土壌の好みが違います。酸性寄りの土壌を好むので、わざわざピートモスを入れたりするんですが、そんな土でもお構いなし、むしろ元気に育っているワイルドルッコラ。

さすがワイルド、野性味あふれすぎ。

温室育ちとの違いをマザマザと見せつけてくれます。


体育会のサンドイッチ、生ハムと一緒に入れようかとも思ったけど、子供には絶対に受けないよなぁ。

しょうがないので、大量消費のために、またペーストを作ることにいたしましょう。できれば葉の先を使い、辛みの強い茎は、ん~、どうしようかな。

ワイルドルッコラのペースト、葉っぱバージョンと茎バージョン作ってみようかな。

どっちにしろ、時間が経つと辛みはおさまるし、チーズの圧勝だし。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事