スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子の力だ

2012年04月15日 20:00

本を裁断する最後の一歩が踏み出せない全国700万人の同士諸君,こんにちは.

電子化すると色々と便利だよなというのはDVDのAppleTV視聴(可・化)で思い知ったのですが,どうしても本の裁断が出来ない…普通ならもう読まないようなカビ臭い本を裁断して場所を空ければ,もっと本が置けるんじゃないか?とも思うのですが,ね.というか,これ以上本棚を買わなくて済む.

とは言うものの,電子書籍には

再ダウンロードは1年のみ可能

なんていう得体の知れない縛りがあるのでせっせと購入することも憚られる.いまは1年縛りは撤回されているようですが,こんな感じで胴元の好きなようにルールが変更される戦いにはうんざり.だったら紙媒体の本を「自分のもの」として持っていた方が安心も所有欲も満たせる.考えた末に

「よし.(手持ちの本を)古本屋でもう一冊買ってきて,それを裁断しよう!」

と言ったらゴラ子から

「お前は本当にバカだな」

と言われたゴラヲでございます.

あとはリーダーですかね.

タブレットは仕事柄様々な機種に触れていますが,いずれも画面の映り込みが厳しい.一度見ただけですがAmazonのKindleは良かった.紙のような…ではなく,反射が少なかったのが好印象.バックライト方式のタブレットでは目が疲れるんですわ,無駄に年齢だけは重ねているもので.SONYのその名も「Reader」も気になるのですが,ちょっと高いというイメージがあるもので.3Gなんかいらん.

悩むなあ…とか書いてますが,実のところは

裁断…できねぇよなぁ

で止まってるわけで,その先は全て妄想なんですよね(笑)


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事