スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥ずかしい

2011年09月13日 20:00

はいどうも.涼しくなって調子が良くなってきたゴラヲでございます.
一方,ちょっと寒くなったってんでさっそく体調を崩しているゴラ子がいたりします.

ままならぬもんですなぁ(笑)

飯とかレバークッキーを見せると「口のパッキンが破れてんじゃね?」と思うほど尋常じゃない量の涎を垂れ流すニゴラス先生.食べてる所に手を突っ込んでも唸りもしないし,口に入ってるものを引っ張り出しても特に反抗もしない「人間的には」良い犬です.たぶん,嫌がらせをされたこととか飢えたことがないんだろうなぁと思います.

そうか…過去最高に嫌がらせをしてるのはゴラヲ…か…(苦笑)

一方.たぶん,皆さんが思っている以上に好き嫌いは激しいです.どこぞのアラスカン・マラミュートとボルゾイのミックス犬が,嫌いなものだと水の中に捨てる…というのを笑って聞いてましたけど,実はあんまり変わらないんじゃなかろうか?と思うことがあります.

ゴラゴラ家の基本方針として「人間の食べ物は一切与えない」というのがあります.
このため,ニゴラスがフード以外に与えられるものと言えば「ダシガラのイリコ」だの「キャベツの芯」だの「胡瓜のヘタ」だのです.この中で「たぶん,キャベツの芯はあんまり好きじゃなさそうだ」ぐらいの認識はあったのですが,他所にお邪魔すると「その家の」お菓子なんてのを頂戴することがあります.嬉しそうに貰っておいて…

ペッて吐きやがるんです…

しかもその場で…

一度こうなると,何度口に入れても吐きやがるんです…

お前,何様やねん…どこのグルメ様やねん…ものすっごい恥ずかしいわボケ犬め.

犬に「馬鹿野郎!社交辞令を弁えろ!」とか言っても仕方ないし,ゴラゴラ家がお邪魔するお宅はそんな事に拘らない人達を選んでたりするので(笑)笑ってくれるからいいんですがねえ.せめてちょっと咥えて裏に行ってから捨てやがれ!とおも…なんか違う.

なんかもう,躾の入ってないお子「様」が店内で騒いでるのに親は「子供のすることだから」と言って何食わぬ顔をして食事をしている横の席で一緒に食べさせられて「なに,あの非常識な人達」とヒソヒソ話が聞こえて来て「違うんです!私は単なる知人なんです!違うんです!」と叫びだしたくなる知人クラスの恥ずかしさです.俺の右手からデビルカッターが出たら親も子も皆殺しにしてくれるわ!というレベル…なんか違う.

自称運転の上手な人の助手席に乗って,両者が普通に端によれば余裕ですれ違える道なのに自分の車幅感覚がダメで全然端に寄りきれてないのに「なんだよ!お前が避けろよ!」と相手の車にクラクションと罵声を浴びせてる横で「いや…あの…まだ左余裕があるんです…すみません…すみません,対向車の人…」と小声で言ってる同乗者クラスの恥ずかしさです.俺の目からデビルビームが出たら運転手を焼き殺してくれるわ!というレベル…なんか違う.

なんの話だっけ?

ああ,ニゴラスか.

好き嫌いすんなよ!頂き物はちゃんと食べろよ!(無理


知らんがな


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事