スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目薬

2011年08月28日 20:00

ニゴラスの目.続編.

前回の診断で結膜炎と診断され6日間抗生物質を飲ませました.薬を飲ませている間は白目が綺麗になってたし目ヤニも少なくなっていたので安心していたのですが,薬が切れたらまた赤目に…ということで再び病院へ.今度はゴラ子が連れて行ったのですが,

「涙が少ないね,この犬は」

と言われたそうで.犬のくせにドライアイ…まあ目の構造は同じだからあっても不思議じゃないんですけどね.別に乾燥する場所にいるわけでもな…あ…そういえば夜はエアコンの中だ(笑)

食後の薬はけっこう面倒なので「今度は目薬にしてもらって」とお願いしていたところ,ちゃんと目薬が処方されてました.人間用と全く同じ目薬でした.

「目薬のやり方も習ってきた」

ゴラヲは知らなかったのですが,犬に点眼するのって大変なんですね.ものすごい嫌がるそうで.それで前回「目薬は大変だから」って言われたのかぁと妙に納得したゴラヲ.

「正面から目薬が来ると怖がるから横からするんだって」

ほほう.左手で顎を抑えて耳の後ろから目薬をそぉっと前に移動させ,見えないぐらいの位置から白目にポタンと.これなら嫌がらないそうですよ.あと,目薬のあとにちゃんとご褒美をやればいいそうです.

…めんどくせ.

教わった通りにやったのは最初の2回だけ.あとは逃げようとするニゴラスの顔を左手でがっちりと固定し,親指と人差し指で目を強制的に広げ,正面からポタンと落としております.もちろん,やってるのはゴラヲ.

垂れ耳なので耳内が汚れやすいため,ちょっと濡らしたティッシュを巻いた指突っ込んで掃除しているのもゴラヲの仕事.腹の皮膚がちょっと弱いのでひっ捕まえて適時腹を洗ってるのもゴラヲの仕事.一度だけ出した美容室で「お尻は触ろうとすると噛まれそうになったので手をつけられませんでした」と言われた尻だろうが足だろうが頭だろうがおかまいなしに洗うのもゴラヲの仕事.悪戯をしてこっぴどく叱るのもゴラヲの仕事.フィラリア予防薬を口に含ませ,口を塞いで「飲め!吐くなこのバカ犬!飲め!」ってやるのもゴラヲの仕事.

いいんですよ,どんだけ嫌われても.犬ってのは絶対君主が必要だという偏ったポリシーの元でやってますから.徳川幕府が夏祭りを推奨して民のガス抜きをしたように,突撃されてもにっこり笑ってはじき返して遊ぶってガス抜きはやってますから…両手は傷だらけだけどね(涙目)

毎日点眼してると治って来ました.しばらくは点眼続けます…目薬,余るなぁ.ゴラヲが使おうかな,同じものだし(笑)

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事