スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

す,すねーく

2011年06月20日 20:00

今年は色々あって遅れていたようですが,ニゴラス散歩道沿いになる田んぼもほとんどが田植え終了しました.毎年のことながら,こんなに小さくて細い苗がどんどん大きくなって稲穂をつけて…という姿を見るのは楽しみだなぁ…早く新米になって喰わせろ!と思っているゴラヲでございます.

美味いから.新米は美味いから.

新米が美味いと感じ始めたのは何年前ですかね.それまでは「米?そんなもん,ジャポニカ米だろうがインディカ米だろうが喰っちまえば同じよ!」と思ってたもんですが.93年の米騒動の時だって「輸入米?別にいいじゃん.腹に入ればなんだって同じよ!」と言ってましたし…ということは,米が美味いと思いはじめて20年は経ってないわけですなゴラヲは.

まさに新米って奴ですな!(無理矢理だな…だが反省はしない!

田んぼに水が張られるとよく見るようになるのが蛇.

元々田んぼの畦道なんかには潜んでいるのですが,草むらの中にいる奴らを見つけるのは困難です.お陰で踏んだり蹴ったりしてしまうわけですが「田んぼに水が入る=畦道が草刈りされる」ってなもんで,発見しやすくなります.もうちょっと暑くなると蛇が水田の中を泳いでる姿も見るようになります.奇妙な波紋が出来るんですよね,蛇の泳ぎって.独特なのですぐにわかる.

ゴラゴラ家の屋根裏にも住んでるようですが,蛇が来てからネズミが居なくなったようなので放置してます.ネズミにしても室内に下りてくることはなかったんですが,夜中に屋根裏で運動会を開催しやがるので対策を考えてたんですよね.蛇のお陰で静かになりました.蛇の種類はわかりませんが.

形はグロいですが居てくれると他の害獣が来なくなっていいんです…が,毒が困りもの.

マムシは確かに顔が大きいので一瞬で見分けがつきますが,実はマムシより強毒のヤマカガシはシマヘビと見分けがつかないんですよね.ヤマカガシのほうは班縞で色が派手な奴が多く,シマヘビのほうが縦縞で色が大人しめだと言われますが,どちらも黒一色になることがあり…なにげにカラスヘビだと言ってますが,あれって実はヤマカガシなのかもしれないなぁと思うと怖いですね.

攻撃的なシマヘビに毒はなくて,近寄らない限り攻撃はしてこないヤマカガシはマムシよりハブより強い毒を持っているってのは面白いですけどね.棒を近づけて逃げるのがヤマカガシで,果敢に攻撃してくるのがシマヘビ(ああ,カラスヘビってのはシマヘビの黒色バージョンです)ってのはどうだろう?だめか(笑)

近寄らないのが一番です.「生理的に蛇はダメ!」というのはある意味正しいと思います.素人が見ても区別が出来ない=だったら最初から近寄るな!というのは良い方法ですよね.

いまの場所に引っ越してきて否応なく蛇だのなんだのに遭遇する機会が増えたので色々写真などを見た結果,シマヘビなら飼ってもいいんじゃね?と思ってしまっているゴラヲでした.適応力はあるんだな,我ながら(笑)

そういえば,アオダイショウの幼生がマムシと同じような色,姿をしているのは対人間用のカモフラージュなんですかね?鳥なんかにも効果があるのかな?ちょっと興味あるなぁ.


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事